お客様からの応援メッセージお客様からの応援メッセージ

2018年12月に
ご寄付頂いた方からの応援メッセージ

3/9長野市で「交流会」を開催します。ゆめPJは10月で202,787円になりました。(オテガミプロジェクト)

小学校の総合的な学習の時間に震災についての学習を行いました。
その中で、東日本大震災の被害の大きさや住民のみなさんの気持ちについて知ることができました。
復興に向けて、学校や小学生にできるボランティアはないかと考えたときに「ゆめプロジェクト」の存在を知りました。
みんなで計画を立て、チラシを作り、保護者や地域の方々に協力をお願いしました。
集めた本が、少しでも、陸前高田市と住民の皆さんの役に立てたなら幸いです。
震災を乗り越え、記憶を風化させないように、ともに頑張りましょう。
遠く北海道紋別市から応援して

寒さに向います。皆様お元気で過ごされます様祈っています。

少しでもお役に立てればいいんですが。

希望をもって共に生きていきましょう。私達も頑張ります。

これから寒くなるので、皆さま体調を崩されませんように。

小学生が授業の一環で取り組みました。
前回3箱を送りました。
家庭や地域の方々からの協力を得ることができ、追加の25箱です。
合わせて587冊の本を集めることができました。
震災が起きてから少しずつ時間が過ぎ、あの日のことは人々の記憶から色褪せてきているのかもしれません。
今回の子どもたちの活動で、震災の恐ろしさと、被災された方々の気持ちに心を向ける機会ができたのではないかと思っています。
陸前高田市の復興と発展を祈っています。
紋別市立渚滑小学校 6年生と担任より

応援しています
友人から
紹介して頂きました

今回で3度目の参加です。少しでもお役に立ちたい。自己満足でもなんでも行動を起こすことが先決です。
今回は、妹家族にも声をかけました。毎回参加出来て本当に嬉しいです。
頑張ってください。

いつかまた読むだろうと取っておいた本たち、たくさんの人に幸せを届けて欲しい。
私とまた巡り会うことがあるかもしれない。
ほんの少しのお手伝いですが、お役にたてることが出来たらうれしいです。

いつかまた読むだろうと取っておいた本たち、たくさんの人に幸せを届けて欲しい。
私とまた巡り会うことがあるかもしれない。
ほんの少しのお手伝いですが、お役にたてることが出来たらうれしいです。

陸前高田市の方々が、こころ安らかに生活できますように。
少しでもお役にたてますことをうれしく思います。

今回お送りできる冊数が少なくて申し訳ありませんが、
復興を心からお祈りしています。

二度目の寄付をさせていただきます。身の回りの整理をしていて、このプロジェクトに寄付できるなら良いか、と大事に保管してきた本の一部をまとめて手放すことにしました。このようなプロジェクトがあることに心から感謝しています。友人にも薦めました。時々いただくメールを読んでは感動をいただいています。インターネットや電子デバイスがいくら流行っても、紙の本もまたとても大切なメディアであり情報源です。ほんの少しですが、寄付させていただきありがとうございます。

1日でも早く、1人でも多くの人に平穏な日々が訪れ、この先ずっと幸せに過ごせますように…。

微力ではございますが、これからも応援させて頂きます。

ずっと忘れません。あなたとともに・・・。

少しでも役立てば良いと思います。

東北、ほんと美しくて素晴らしいところですよね。復興の道は険しいと思いますが、ぜひ、頑張ってください。応援しています。

皆さま、風邪などひかぬように!!

昔から本が好きで、図書館に毎週通う子供でした。
本から色んな事を学び、色んな体験をしたような気持ちになれます。
本は人生を豊かにしてくれます。
陸前高田市の子供達もたくさんの本に触れて、豊かな人生を送っていく事を祈っています。

応援続けさせていただきますね。

皆様応援メッセージありがとうございました!!皆様応援メッセージありがとうございました!!